必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

原発に自衛隊を派遣せよ

経団連会長が原発稼働を訴える中、岸田首相は夏の電力不足を、老朽火力の再稼働で乗り切る積りのようです。

しかし老朽火力の再稼働とは、老人の首に縄を付けてフルマラソンを走らせているようなものですから、メンテナンスしても何れ必ず壊れる為、供給は不安定です。

その為、絶対的に不足する冬までには安全が確認された原発を動かさざるを得ませんが、問題は「安全」の中にテロ対策も入っている事です。

東電管内では最大原発の柏崎苅羽が、テロ対策の不備で止まっていることが管内の電力不足の大きな原因になっている為、テロ対策の遅れで止まっている原発には、緊急避難的に自衛隊を派遣し、対策完了までの期間の防衛警備に当たらせるべきです。

自国防衛の範囲内ですし、自衛隊の活用は防衛費増額へのアピールになりますから、ハードルは低く、原発稼働は化石燃料の輸入減少にも繋がる為、急激な円安対策にもなり、物価対策にもなります。

むろん現状ではこれも弥縫策に過ぎませんが、やらないよりマシで、時間を稼いでいる内に現実的なエネルギー政策を、急いで決めるべきなのです。

電力不足で国内製造業まで失えば、日本は加速度的に凋落します。”(-“”-)”

 

 

先日中国楽器「二胡」の演奏会に行ってきました。20人程度の小さな会ですが、演奏者のレベルが高く良かったです。(^^♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です