必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ピカピカの一年生♪(^^♪

昨日は日経平均461円高の中、増額修正したSBIインシュアランスは13円安と驚きの結果となりましたが、少し解説すると、インシュアランスの増額修正後の最終利益が四季報の予想より低かったことで、悲観した一部の個人投資家が投げたのだと思います。

ただ最終利益が四季報予想より低かったのは短信にもあるように、固定資産の処分による特損と、生保の成長率が高すぎることによる、契約者配当準備金の組み入れが増えたことが原因であり、これを売るようでは成長期の子供の服が直ぐ小さくなるのを呪うようなもので、馬鹿げています。

同社はまだ小学校に入学したばかりの、「ピカピカの一年生」と言ったところですが、今後も親のSBIグループや、大蔵省人材に育まれ、間違いなく立派に育ちつつ有る事を断言します。(^^♪

後、昨日は記録的な大ヤラレとなっているエニグモの株主総会に行ってきました。

コロナ下ゆえに出席者は2~30人の総会でしたが、質問は活発で主席者の半数近くが質問に立ちました。

また質問内容も、業績や事業の将来性、女性役員を作れ等、昔の総会より内容のレベルが高く、日本に投資家が育っているのを感じましたが、株主も役員も全員男性でした。(笑)

ちなみに、同社の株価低迷の原因は、円安による輸入品の高騰で収益悪化懸念が広がっている事ですが、現在米国展開中のグローバルバイマはドル建てで、全てが真逆に働きますから、今後の株価は同事業の伸び率次第と、社長に伝えてきました。(笑)

景気や為替の影響の大きいエニグモを買ったことで、大きな損失を被っていますが、社長が好きなタイプなのと財務内容が良い事を言い訳にまだ保有しており、失敗した投資の好例となってしまいました。

ただグローバルバイマの成長いかんでは急回復も考えられるため、もう少し見守る積りです。(^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です