必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

危機意識が大事

昨日のNYダウは809ドル(2.38%)安、夜中に見たときは580ドル安だったので、その後も200ドル以上下げた訳で、しかも安値引けの一番悪い形です。(TT)

また中国コロナ感染拡大⇒世界景気低迷の連想から、米国金利は低下しているにも関わらず、ナスダックも514ポイント(3.95%)安とダウより下げていますから状況は最悪です。

実際こんな状況で株を持っていること自体が不思議な気がしているほどですが、親が戦後のインフレで、通貨や戦時国債が紙切れになった経験を聞いて育っただけに、今の日本円を信用しきれないのです。

むろん「外貨」や「GOLD」に替える選択肢もあるのですが、米ドルもあまり信用していませんし、GOLDは収益を生まず、不動産は減価が見え難いだけであり、人口減の中では、税金を考えたら減価する資産です。

従って今日も株を持ち、見ているだけの積りですが、実は先行きは結構楽観的に見ています。(笑)

理由は国民に「慢心」や、「安心」が無くなり、危機意識が出た事で、改革が進む可能性を感じるからです。

しかもすぐ隣にアジアと言う巨大な成長拠点を持つ、カントリーリスクが低い国と考えれば、それほど捨てたものではないでしょう。(笑)

日本の国としての成長率が落ちているのは間違いありませんが、全ての企業の成長力まで落ちているとは思いませんで、アジアの成長を取り込める企業は、外国人投資家にも魅力的に映ると考えています。(^^♪

 

 

 

 

写真は先日行ったMOA美術館の芝生からの風景です。少し靄が掛かっていますが、気候は暑くも寒くもなく最高でした。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です