必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

中国のコロナ感染拡大

週明けの東京株式市場は514円安と大幅続落で始まりましたが、岸田政権がWEB3.0成長戦略の中心に据えると言う見方が強まり、関連とみられるインターネットイニシアティブや、アルテリアNWは逆行高となった為、気軽に見ていられました。^^

また心配されたNYダウも昨日は238ドル高と反発し、今日の東京株式は多少の安心感が広がりそうです。

ただここで新たな問題が出てきたのが、中国上海のロックダウンが長引いてる上に、北京などへも広がる懸念が出てきたことで、昨日は上海総合指数が5.14%安と大幅に下げたことです。

実際以前も書きましたが、コロナの感染拡大を防ぐなど、例え中国と言えども不可能だと思って居るので、北京など他の都市に広がるのは時間の問題だと思います。

しかしその影響は、最悪で習近平体制が揺らぎ、政変が起きることまで考えても、やはり結果は未知数で、考えるだけ無駄と言うものです。(笑)

従ってやることは一つ、「外部要因に影響されず成長する企業」を保有継続するだけです。(^^♪

 

 

 

写真は上海総合指数3年チャートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です