必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

茹でカエルの目覚め

昨日はロシアのウクライナ進攻が東部だけに留まらず、全土の軍事施設攻撃にまで拡大したため、日本株は大きく売られました。

正直自分でもプーチン氏がここ迄やるとは思って居ませんでしたから驚くと同時に、今はこの事態に乗じた、中国による尖閣諸島の占拠を警戒しています。

民間人に偽装した武装勢力が尖閣に上陸し中国旗を挙げ、実効支配をしたら岸田首相が自衛隊を使って排除出来るとは思えないからです。

しかも欧米の後ろ盾を信じて核を放棄したウクライナが攻撃され、対抗手段が経済制裁しかないと成れば、今後北朝鮮が核を手放すことなど金輪際無くなり、これまで以上に暴れだすでしょう。

だた同時に今回の事態は長い平和に慣れ、茹でカエル状態だった日本に一石を投じることは間違いなく、「水と安全はタダ」というボケた国民性が変わる可能性も感じています。

最後に相場に触れれば、昨日の米株は一時大きく売られた後は、反発しており、自分でも持ち株を売る事などは一切考えていません。

むしろやっと買い場が来たと思って居ますが、既にフルポジであり、買う金は有りません。”(-“”-)”

 

 

写真は先日のバラの続きですが、日に日に憔悴していく投資家の様子を表しています。(笑)(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です