必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

NYダウ続落

3連休の中、昨日のNYダウはインフレ懸念の高まりと、ウクライナ情勢悪化の情報で、昨日も503ドル安と連日の大幅安です。(TT)

そして同時に日経平均CFDも一時700円以上さがり27000円を割り込んでいましたから、月曜日の東京の下げ幅も大きそうです。

さてこうなると信用取引利用者の中には破綻する人も出そうですが、幸い自分では信用は使ってないので、破綻することは有りません。

最も毎日資産が減るのを見るのは結構辛いもので、こんな時は価格の動きが見えない不動産の方が遥かに楽です。

ただ不動産は価格の動きが見え難い分落とし穴も多く、何方が良いとは一概には言えませんで、要は自分に合った投資法が一番なのです。

さてインフレ懸念で金利が上がり、株が売られるのは分かりますが、インフレに対処するには、成長する株を買うのが一番だとも思っています。

1978年にソ連がアフガニスタンに侵攻した時の、日本の最優遇貸出金利は7-8%であり、その中でも株は元気に動いていましたが現在は依然1%以下です。

しかも、日本は長年デフレに苦しみ、インフレを望んでいた訳ですから、今更インフレを怖がるのは道理に合いません。

従って月曜日は、結局最後は株を買うことになると開き直って見ることにします。(笑)(^^♪

 

 

 

 

写真は近所の土産物屋の犬ですが、鎖に繋がれており、毎日店先で日向ぼっこをしており、結構幸せそうです。

野生の狼は凛とした風情を漂わせているでしょうが、何方が幸せなのか良くわかりません。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です