必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

22年のニーサ銘柄

毎年年初には発表していたNISA銘柄ですが、最初にお断りすると、昨日書いた通り今は割安大型株の相場なので、タイミング的には未だ微妙です。(笑)

しかし、毎年1月半ばまでには出すと決めていたので、書きますが、今年は上記の理由も有って2銘柄に分けました。

NISA銘柄はいつも通りの小型株で、ギークスと、日本エマジェンシーアシスタンスですが理由は以下の通りです。

ギークス

ギークスとは「ITオタク」と翻訳される言葉であり、同社はフリーランスのIT人材紹介と、紹介する人材を自社が使ったゲーム事業を中心とした会社です。

マザーズから最速で東証一部に昇格した会社ですから、業績見通しや財務内容が良いのは当然ですが、一番気に入ったのが、現在最も必要とされ、不足が叫ばれるIT人材紹介がメイン事業な事です。

また、そのオタク的IT人材を、必要な時、必要なだけ使える立場でゲーム事業を展開している事で、他社に比べて有利なコスト構造になっている事があります。

日本エマージェンシーアシスタンス

この会社も名前の通りで、海外旅行中の病気などの緊急時に病院紹介や通訳を行う、医療アシスタンスが主力の会社です。

同社は、コロナ過で海外j旅行が全滅し、一時危機的だったのですが、厚労省の入国者追跡業務を請け負い今は息を吹き返しています。

ただコロナ過が終われば、厚労省の事業も終わりが予想されているのか、株価は低迷していますが、コロナが終われば海外旅行は急激に復活し、本業が回復します。

またこれまで旅行保険の付帯事業でしかなかった医療アシスタンスが、コロナのお陰で、世界中の人が必要性を認識したと考え、「麦わら帽子は冬に買え」と買ってみました。^^

 

参考資料は昨年9月9日のメモに書いたものです。(*’▽’)

 

 

 

写真はどんどん焼きの時に貰って来た紅白餅を入れたお雑煮です。

昔からの大根と人参だけのシンプルなものですが、22年だけに何れも2種類入っていおり、ニーサも二銘柄なのです。(笑)(^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です