必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

上場維持基準に向けた計画書

昨日の東京市場は冴えなかったものの、その後のNYダウが351ドル高と堅調だった事から、今日は市場に明るさが戻りそうです。(^^♪

さて、昨日はSBIインシュアランスが「新市場区分の上場維持 基準の適合に向けた計画書」を出したのですが、出された宿題に「お父さんに聞いてみる」と小学生が書いて提出した感じで、具体性に欠けるものでした。”(-“”-)”

まあ確かに持ち株比率からして、それ以外に答えようが無いのは分かりますが、もう少し具体的な計画書を出して欲しかったです。

一番好ましいのは「親の株をインシュアランスが買い取り償却する」と言うものですが、直前に岸田首相が自社株買い規制論を口にしたばかりだけに、元金融庁幹部が社長の会社では直ぐに出し難いのでしょう。

しかし、通常の分売等でも、発行株式が増える訳ではないので、株主の権利に変化はなく、株価に影響が出たとしても短期間に留まりますから、この問題はあまり気にしていません。

一つだけ心配しているのは現社長は秀才でオタクっぽい人だけに、秋葉原のメイド喫茶で遊んでいるのをフライデーされるような事ですね。大笑(‘◇’)ゞ

最もその場合、インシュアランスの知名度が一気に上がり、業績にはプラスになりそうですから、やって貰った方が良いかもしれません。(^^♪

 

久しぶりの海苔弁当です。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です