必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

サイバー防衛義務付け

今日の日経一面トップ記事に、「重要インフラ サイバー防衛義務付け」、国が来年度から企業に対処計画を求める。とあります。

サイバー攻撃がそれだけ深刻になってきたことが伺われますが、記事中に「罰則はない」と有るため、政府要請の有効性を疑る人も多そうです。

ただ、記事にある14の重要インフラと言えば、生活に不可欠な業種ばかりですから、中層企業といえども商売をする上では何かしらのかかわりが有るわけで、国から対処を求められた企業からサイバー対策を求められれば対処せざるを得ません。

まあ簡単に言えば、サイバー対策を全くやらない企業は、日本国全体からのネットの村八分(むらはちぶ)に成りかねない訳で、中小企業と言えど無視は出来ないのです。

これまで脅威を叫ばれながらも、サイバー防衛対策が進まなかったのは、収益が見込めない費用増だからですが、村八分になり自社の生存に関わるとなれば、今後は必要経費と認識得ざるを得なくなる訳です。

むろんこれはサイバーセキュリテイ専門のセキュアヴェールにとっては大きな追い風となる訳です。(^^♪

追伸

今朝別のパソコンでWindows11への更新を行ったら、いきなり5.02Bad Gatewayの表示と共に平九郎メモへアクセスが出来なくなりました。現在古いパソコンでアクセスできていますが、もし現在のアドレスでメモにアクセスできなくなった時は楽天ブログに引っ越しする積りです。その時は楽天ブログで「平九郎の投資メモ」を検索してみて下さい。(^^♪

 

 

 

 

写真は昨日三島の温水地で撮ったカワウですが、鵜でも黄昏の国家日本でも、敵の攻撃を防ぐ姿勢がないと、嵩にかかって攻めめられます。(笑)チャーチルが引用したので有名な汝平和を欲さば、戦への備えをせよですね。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です