必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

トラウマとは

キャッシュポジションを上げると決めた直後に日経平均は410円上げ、NYダウは534ドル高と反発しました。(笑)

理由はやはりインフレ懸念が後退し、米10年国債金利が下がった事に尽きそうですが、ではなぜ、インフレ懸念が下がったかと言えば、これが良く分かりません。(-“-)

IMFやFRB高官の声明がインフレに対して楽観的だった事などが挙げられそうですが、説得力に欠け、どうも今回の金利低下が、持続的なものとは考え難いのです。

従って直ぐに判断はしませんが、問題は銘柄間の跛行色が強まっている事で、昨日もツイッターには日経が上がっているのに保有株が下がっているのツイートが多かったです。

メモ的には、SBIインシュアランスや銀行株など下落している株は、金利の再低下見通しが影響しているのは明らかで、逆に上がっている銘柄は、IIJやDGなど金利の影響や、信用残の少ない業績見通しの良い株です。

しかし相場全体が混沌とした見通しの悪い状態で動けば、大抵酷い目に会いますし、なまじ相場歴が長いゆえに、ブラックマンデーの記憶がトラウマになっているので、暫く大人しくしている積りです。(笑)

ちなみに当日の朝のテレビで、NYダウが22%安したのを知った時、5秒ほど事態が理解できなかったことを思い出します。(笑)(^◇^)

 

 

写真は朝食のお握りですが、新米なのでもち麦やキヌアは無しです。

やはり日本のコメは美味いです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です