必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

北尾劇場 日本再生策とは

29日の日経に「アジア戦略、点から面へ」という、三井住友FGがベトナムのノンバンクに1500億円の出資を行い、アジア戦略を加速させるとの記事が掲載されました。

アジアの成長を取り込むことで、銀行の成長に繋げる戦略の一環ですが、SBIの北尾氏はベンチャー企業育成なども含めた、同じ事を国家的規模で、自ら作る「第4のメガバンク」を使って行う積りなのです。

しかし、東南アジアはアヘン戦争に代表される欧米の侵略の記憶が色濃く残っており、外国資本には制約も多く、特にベトナムは銀行の出資規制が厳しく、三井住友も仕方なくノンバンクへの出資となったと言います。

ただ出資したノンバンクの利鞘は、27%を超えると言いますから、0.1%の世界で競っている日本の銀行にとって東南アジアは天国なわけで、今後この面への進出が他メガバンクにとっても重要になるのは間違いないです。

むろん簡単ではないですが、国内1,900兆円と言われる金融資産が27%どころか、5%に回せれば、日本の利息収入は国家予算並みの950兆円になりますから、問題はほぼ解決します。(笑)

従ってこれは、「出来るか否か」ではなく、出来るところまで「やる」以外、他に民主主義の日本が進む道は無いのです。

まあいっその事、アメリカの支配から脱却して、中国の属国になる手も有りますが、それは「嫌」なのです。”(-“”-)”

 

 

追記

今日は固定資産税の支払日です。

払い終わっても、直ぐ健康保険税も来ますし、今月は先日縁石に乗り上げた車の修理費も出ますから、貯蓄が泡のように消えていき、年金だけでは確実に破綻しています。(TT)

貯蓄を食いつぶす状態は長くは続けられませんし、第一精神衛生上極めて悪いです。(笑)

日本と家族の将来も、資金の運用を除いては考えられないのです。(^^♪

 

 

餃子の皮のピザ。ウインナー巻。茄子と玉ねぎ、豆乳のスープ。フルーツはセミノール。ブルーベリーヨーグルト。美味なり。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です