必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

イナゴの末路

昨日のNYダウ平均が457ドル高し、どうやらロビンフッド問題や、中国の引締め疑惑は終息を得たようですが、まだ終わっていないのが、「節分天井」の懸念です。

実際昨日の国債金利は一時1.11%を付けるなど上がっており、未だ低水準とは言っても、長期チャートなど見れば、確実な上昇傾向を示してますから、油断は出来ません。

なんと言っても「金利上昇」は株式市場にとって、天敵中の天敵ですし、その上今回は米国の政権交代による政策の大転換が加わっていますから警戒せざるを得ないのです。

最もロビンフッター達のように、極短期だけで勝負しているなら、余り気にならないかもしれませんが、イナゴが時期が来れば死滅するように、ロビンフッター達も大部分は短期間に自滅しますから長くは続きません。

そして、運よく生き延びたイナゴも歳を取れば、身が重くなり動きが鈍くなるうえに、老眼で目の焦点が合わなく、気力も衰える為、長期投資に移行せざるを得なくなります。(笑)

結果、金利や政策の転換を気にするようになるのです。(^^♪

 

 

 

 

 

昨日の朝食は、蟹炊き込みご飯のお握り。焼き野菜(蓮根、ピーマン)。ミニトマト。卵焼き。自家製糠漬け。豆腐とわかめの味噌汁。フルーツヨーグルト。ご飯の炊き具合が絶妙です。(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です