必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

お金なんかどうにでも出来る。

今日12月8日は日本が真珠湾を攻撃し、大東亜戦争(太平洋戦争)の始まった日で、戦争は約4年間続きました。

さて新型コロナとの戦争が何時まで続くか分かりませんが、ワクチン開発も進み、終わりも見えてきた今、コロナ後を考えると最も確実に起きる現象は、国家財政の悪化でしょう。

その昔、日本は戦争で乱発した通貨の始末をする為に、預金封鎖と、新円切り替えという荒療治が行われ、旧円建て国債等は価値が下がり紙くず同然になったと言います。

当時は病気の為に戦地には行かずに済み、商売を営んでいた平九郎の父は、新円切り替えに直面し、「こ、こんなバカなことが有るか!( ゚Д゚)」と憤慨したそうですが、その時近所にいた内務省の人から

「〇〇さん、おカネなんて国家が紙っぺら1枚でどうにでも出来るんですよ。」と言われたそうです。(実話)

コロナ戦争の結果が太平洋戦争と同じになるとは思わないものの、平九郎の株式投資は常にこの話が根底にあるのです。(^^♪

 

今日はフルーツ入りヨーグルトとスープ白菜、キャベツとレタスの豆乳仕立て、クラッシュナッツ乗せ。

紅茶はトワイニングのPrince of Wales。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です