必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

コロナバブル発生か?

ワクチンの接種が近くなって来た事や、金融緩和を継続しそうなイエレン氏の財務長官就任予想、米国の政権移行プロセスが開始し始めた事、などを好感したのか、昨日のNYダウ平均は3万ドルに乗せてきました。

米国株に弱気だった平九郎だけに、もしダウを空売りでもしていれば、今頃は発狂しそうな状態になっていた事でしょう。(笑)

幸い空売りはしていなかったので、平静でいられますが、実は今回のような指数が先導するような相場は大の苦手です。(-_-;)

なまじ不動産バブル崩壊後の日経平均が38,915円から、7,000円台まで下げた時の記憶があるだけに、若手投資家のようにレバレッジを掛け思い切って買えないのです。

しかし、どうも相場はコロナバブルの様相を示し始めました。

故にバブルが発生した当時の記憶を辿ってみると、不動産は上がり続けると言う共同幻想の下に、超大型株が軽々と動き、逆に流動性の薄く売買がし難い小型株などは機関投資家には見向きもされなかったです。

これまでは超小型株ばかり買っていた平九郎が、超大型のメガバンク等を買い始めたのは、上記のような理由もあるからです。(^^♪

 

今朝の朝食はロールパンに、アボガドディップ、カボチャのロースト、蕪の酢漬けにミニトマト、レタスを添えたもの。

デザートは焼きリンゴと、バナナ、ミックスベリーにミント添えヨーグルトです。紅茶はアールグレイ。

スープは「蕪のポタージュ」でしたが、相場に上手く乗れない亭主へ、株を食べやすいようにとの妻の気遣いかもしれません。(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です