必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

物色銘柄変化!(@_@)

ハウスドゥの第1四半期が出ましたが、自分の予想よりは遥かに良かったです。(;^_^A

社長が持ち株を売った後に、例え第一四半期と言えども大幅に悪いと、最低3ケ月は身動きできなくなると考え、半分以上利食いましたが、少し早まった感じです。(-_-;)

しかし、この程度では大きく上がるとも思えませんから、売った分は諦め、他で稼ぐしかありませんが、乗り換えた三井住友FGが堅調なので救われています。^^

さて昨日の米国市場は世界経済を反映するグローバル企業中心のダウ平均は262ドル高くても、ハイテク・ネット株中心のナスダック指数は159ポイント安いですから、明らかに物色銘柄に変化が見られます。

ちなみに小型株投資の平九郎も今や資金の半分以上は三井住友FGや、富士フィルム等のグローバル企業ですから、此方も明らかに銘柄が変化しています。^^

問題はこれが続くかですが、もし間違ったと判断すれば3秒でブン投げられる大型株は、物凄い安心感があります。

最も今朝の朝食は、先が見えるレンコンのスープですから、株を投げなくても済むようにとの妻からのメッセージかもしれません。(笑)(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です