必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

寄らば大樹の陰

昨夜のNY市場はトランプ氏がまた前言を櫃返し、限定的な追加経済対策の策定を指示したため、ダウ平均は530ドル高と急騰しましたが、此方は昨日イマジニアの半数を売りました。

まだ上がるとは思うのですが、ゲーム関連は慣れている者には数字が読みやすい為、予想段階で上がり、良い決算でも出尽くしで下がるのが常だけに、10月30日予想されている決算発表の前に1日で値を崩さず売り切れる位の株数まで減らしておきたかったのです。

売却資金は三井住友FGの買い増しに当てましたが、此方はまだ大きく動くとは思っておらず、飽くまで現金準備の気分です。(笑)

最も同社は来月13日予想の決算は多少悪くても、ここらが底値だと思っているから買っている訳で、米大統領選の結果が落ち着くまでは保有株の流動性を確保しておきたかった自分の運用方針にマッチしているのも理由です。

メガバンクはコロナで大きく売られた訳ですが、取引先企業はこぞって借入枠であるコミットメントラインを拡大し、進んで手数料(コミットメントフィー)を支払っていますし、実質的政府保証が付いた案件も多く、自治体の利子補給もあると言いますから、次の決算で左程の落ち込みが有るとは思えないのです。

従って今後もイマジニアなどが売れてくれば、三井住友FGを追加購入する可能性が高いです。

まあ今後も大波乱が予想される中だけに、流動性の低い小型株で散々痛い目に合っている自分としては「寄らば大樹の陰」と言うところですね。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です