必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

米覇権の終わりと株価

アビガンに効果が認められ10月にも承認申請が行われる見通しとなったことから富士フィルムが246円高となってきました。(^^♪

当初の予定より半年遅れての申請ですから、聊か待ちくたびれましたが、これでやっと一矢報えそうです。(笑)

さて喜びも束の間、昨日のNY市場は再びダウ、ナスダックとも大幅安と、相当怪しい動きが始まっていますが、保有株がNYとは連動しないと思われる銘柄ばかりなので、特になにもするつもりもありません。

また権利付き最終を28日(月)に控え、日経平均は大きく推すとも思えませんが、その分権利落ち後は権利分以上に売られそうですから、キャッシュを使って新たに買う気もしません。(当初間違えて剣落ち日を28日としてありましたが権利付き最終日の間違いであり、修正しました。)

買いたくない最大の理由はやはりNY市場が気になっているからで、アナリスト達は揃って「単なる調整」を口にしますが、平九郎にはどうも

「米国の覇権の終りの始まりと共に、株価が大天井を付けた!」

ように見えて仕方がないのです。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です