必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

波高しは天変の兆し

昨日のNY市場は4日ぶりに反発し、今日は東京市場も落ち着きを取り戻しそうですが、米市場の荒い相場は続きそうで、「波高しは天底の兆し」と言う言葉を思い出しています。

この言葉、コメ相場の名人、本田宗久の言葉として有名ですが、長く相場を見ていて思うのは、「天・底の兆し」の「底」の部分には違和感があり、自分で言うときは「天変の兆し」と、「底」を「変」に言い換え、株が下がる兆候と見ています。

理由は本田宗久の言葉は、飽くまで1年で相場が終わるコメ相場先物での話で延々と続く株式のチャートとは違うのです。

これは2003年ころの相場が大底だった頃を思い出せばわかるのですが、当時の日経平均は7600円程度で「針で突けばまだ動く」と言った感じで、とても「株価の動きが大きい=波が高い」とは言えませんでした。

従って今の米株価の動きは非常に怖いのですが、現状では金利が上がる要因が見当たらないため、踏みとどまっている訳です。

最もバフェットが初めて日本の商社株を買ったように、PER7倍や、利回り5%などの株がゴロゴロある状態で、日本株が天井を付けるとは到底思えません。”(-“”-)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です