必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

動かない理由!

藤田医大によるアビガンの「効果が確認できない」の発表で、大きく売られそうだった富士フィルムですが、終わって見れば3円安と、平均株価が大幅高していると言っても、堅調と言えそうです。

「確認できない」を強調した共同通信の記事が恣意的だとか、偏向しているの論調は多いのですが、掲示板などで何を言っても無駄で、米国か、富士フィルムの次の発表を待つしか無く、結局それまでは放置です。

さて問題は月次の数字で大コケした日本KFCですが、戻りはあっても次の大きな転機は8月中旬の第一四半期決算と思われ、それまでに何も出来ませんから、やはり放置します。

結局動きが有るとすれば、2週間後の27日に取引所の総合化を控える豊商事ですが、同社も本当に動くのは損益通算が認められた時だと思っているので、ここで上がっても当初保有数の半分迄を売るだけです。(行き過ぎと見れば一旦売ります)

従って当面やることが少なく、手持無沙汰で、しかも数年に及ぶ原因不明の咳が続いている為、コロナ下の今ではセミナー等に出る訳にもいかず、無聊を託っています。(*´Д`)

しか~し、4銘柄とも「動けない」のではなく、自信が有るが故に「動かない」だけなのです。(^◇^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です