必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

コロナを直すのは免疫

今日の注目は、何と言っても藤田医大が「効果が確認できない」としたアビガンの富士フィルムですが、飽くまで過程の発表で有り、最終決定ではないことは明示されているものの、株価は売られます。

しかし、「効果が有る」と思っている者には良い押し目となる可能性もあり、結局その後の決定が株価も決めますが、平九郎は「効果あり派」なので、深押しするようなら買いたいと思っています。

最も主力の日本KFCが急落中とあって、資金に余裕がなく、暫く放置するしかありませんが、自分では上記のように考えています。

さてアビガンは様々な文献にあるように「ウイルスの増殖を抑止する薬」で、治療薬ではなく、直すのは飽くまで個人の「免疫」です

従ってウイルスが増え過ぎた段階で投与しても効果が無い訳で、早期の服用と、免疫力強化が問題になると言うのが自分の考えですが、結局、権威のある公的機関で結論が出るのを待つしかありません。

しかもアビガンはゴールデンウイーク明けから、世界30か国に向けて無償供与をして治験の実施を求めてますから、その結果もソロソロ出て来る筈で、一番早いのは患者数が多い、米国だと思っています。

そしてその時には全く違った世界が広がっていると考えてます。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です