必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

高橋ダン氏の提言を実行せよ!

「インドネシア中央銀行が、政府から直接国債を引き受け、金利受取を辞退する。」と言う記事が今朝の日経に載りました。

国が使うお金の元を税金ではなく、通貨の増発に頼った訳で、以前書いた「財政ファイナンス」そのものですから、通貨の信認を損なうのは当然で、市場ではGOLDが高値を伺う動きとなっています。

しかも東南アジアでは他にもミャンマーや、フィリピンも国債の直接引き受けに動いていると言いますから、どうやらGOLDの高騰は続きそうですが、保有する豊商事はイマイチの動きで株価は高値でもみ合っておりジレッタイ限りです。(笑)

さて27日からの取引所の総合化が迫っているにも関わらず、話題が盛り上がらないのは、総合化と言ってもまだ形ばかりで、内容が伴ってないからです。

そんな中でウオール街帰りの日本人と言う、高橋ダン氏が、youtubeで今は中国の国家安全法施行で、国際金融都市としての機能が弱まる香港の地位を奪えるチャンスで、金融機関誘致に全力を上げろと力説しています。

これは全く平九郎の以前からの主張と一緒で、一発で彼のファンになりましたが、その他にも彼は非常に面白い提言をしており、今後も注目し、応援していきます。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です