必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

夏は必ず来る!

ロケットスタートを期待のした日本KFCは月次売上の数字がマイナス2%と出たことで「イテテテ!」と叫びたくなる275円安と、打ち上げは見事に失敗しました。(TT)

しかし、前年度が良すぎた事が主因でも有りますし、6月は土日の休みが前年より2日少なく、コロナ対策で店内座席の半減が有ったようですから、仕方がないと言った所で、悲観はしていません。

そして第一四半期全体で見れば、前年同月比12.8%の売り上げ増加は業界NO1ですし、四半期ベースの前年比大幅増益は間違いなく、しかも7月は50周年の創業記念キャンぺーン月ですから、前年同月比での大幅増加は間違いないです。

従ってここは腰を落ち着けて保有を継続する体制を整えるだけですが、実はここでの単月の売り上げなど左程大事だとは思っていません。

本当に大事なのはフランチャイズ店舗の増加ペースです。

フランチャイズビジネスと言うのは傘下のフランチャイジーが増えることでコストが下がり、宣伝効果も上がることで利益を増やしていく仕組みだからですが、日本KFCは第一四半期の増益が確定したことで、この好循環が始まるか、既に始まっていると見て間違いないと思っています。

これは業績の落ち込みの激しい地方のフランチャイジーが生き残る為に、ケンタッキーへの業態変換を急速に進めると思うからですが、死(倒産)の恐怖から逃れる為の投資こそ、最も早く強烈だからです。

そういえば、昨日窓から虹を見た後の天気は大荒れでしたから今回の下げを予言していたようで、1~2日は荒れるかも知れませんが、

夏は必ず来ます。(笑)(^◇^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です