必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

不動産暴落

新型コロナの影響が長期化することが分って来るに従って、不動産価格の暴落が現実味を帯びて来ました。

実際、サラリーマンでも家のローンのボーナス払い分が心配になっている人は多いでしょうが、大東建託のような数年の家賃保証の仕組みで、節税目的にアパートローンを抱える大家さんはもっと大変です。

特に地方都市の工場労働者などを当てにして建てたアパートなどは、コロナ不況で工場閉鎖にでもなれば、一瞬にしてガラガラになります。

もっともカラッポならまだ良い方で、住んでいながら家賃を払えない住民が増えれば、大家は底値覚悟の転売も出来ませんから、市場価格の大暴落は必至です。

新築で家賃保証が有効な内はまだ良いでしょうが、直ぐに保証家賃額の大幅引き下げが有りますし、長引けば家賃保証会社の経営不安が起き、カネの出元である地方銀行自体の経営も怪しくなります。

不動産投資と言うのは一見固い投資のように見えますが、今回のような時は大きなリスクを抱えます。

結局、株式投資が最強なのです。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です