必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

責任は政治家が取れ!

日本医師会の横倉義武会長は読売新聞のインタビューに応じ、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として早期に承認されることが望ましいという考えを示したと言います。

これで現在の治験の結果が良く出れば、遠隔診療のように医師会が反対することも無く、早急な審査・承認が確実となり朗報ですが、反対に嫌なのが、この夏の祭りや、インターハイなどの行事が早々に中止を決定し始めたことで、影響の長期化が国民に見えて来たことです。

こうなると政府が幾ら現金を配っても、余裕のある家庭では貯蓄に回り、景気浮揚効果は望めませんから、不況も長期化します。

冒頭の横倉会長は「早く政治で決めて頂く必要がある」とも発言してますが、意味するところは

「投与後に副作用等が出ても、責任は医師や官僚でなく政治家が取れ」でしょう。

確かに経済の悪化は疫病同様に膨大な人を殺しますから、政治が責任を取るのは当然で、政治家の決断が迫られています。(>_<)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です