必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

アビガン大増産発表

富士フィルムが昨日アビガンの大増産を正式に発表しました。

一方で世界中がコロナ治療薬やワクチンの開発を急ぐ中、薬の特許権に制限をかける「強制実施権」を発動しようとする動きが相次いでいるといいます。

強制特許権とは「公共の利益」等を理由に国が発動を認めれば、「特許権者の許可なく第3者が特許技術を使える」制度で今回はアビガンがその対象になり、製剤特許を無視されそうとしてなのか昨日は株価が下げています

然しながら公共の利益優先は当然と言うべきですし、株主としても、この結果富士フィルムがアビガンで全く儲からなくても構わないので、コロナを止めて欲しい気持ちで一杯ですし、そうするべきでしょう。

まあ実際の利益はゼロでも、新型コロナ薬のメーカーとして世界に知られれば、宣伝費として考えれば、巨大な利益になりますし、コロナから救ってくれた製薬会社の名前は、世界中で歓迎され、今後の世界展開において膨大な財産になるでしょうから、それで十分です。

最もマスク・防護服の増産を要請した国は、「売れ残り時は全量買い取り」を約束していますから、アビガンも同様だと思うべきで、治験が終わり有効性が実証されれば、「国が全量買い取り」をする事になると思っています。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です