必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

腐ってもプラチナ

GOLDの価格が再び上げ始めましたが、これは株の暴落で信用を損切する為の換金売りが終わったからだと思っています。

理由は自分がやったからで、流動性が低い小型株ばかり保有していると、暴落時に売れるものが純金信託しかなかったのです。(笑)

お蔭で純金信託の保有は大分減ってしまいましたが、依然プラチナを含む貴金属信託の保有は続けており、銀も少しだけ持っています。

もっとも余裕資金が無いので、価格をウオッチする用に極少数ですが、毎日見ていて思ったのがプラチナが大底を付けた可能性です。

ご存知のようにプラチナは排気ガスの触媒という「産業金属」として、電気自動車の普及に伴い無用の長物とばかり下げ続けましたが、車メーカーが暴落する中でも最近は下げなくなりました。

どうも産業金属としての出番が終わり、元の「貴金属」としてプラチナへの投資需要が出て来たのだと思えるのです。

プラチナの価格はGOLDの半値ですから、「腐ってもプラチナ」と思えば、無限に増え続ける通貨への保険としてアリだと思えますね。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です