必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

アビガン大増産へ

ここ2日ほどでアビガンの新型コロナに対する有効性の認識が世界中で広まっているのを感じ、嬉しく思っています。(^◇^)

ただ悪材として週末にアビガンの有効性を示す「中国の論文取り下げ」がネットで流れたのですが、論文の取り下げは「薬効と直接結びつかない」と言う見方が多い事や、その後の夜間市場(PTS)で株価が100円以上高いことから、あまり悪影響はなさそうです。

しかし今朝(日曜)の日経一面に載った、「アビガン備蓄3倍に」の記事は少し問題があります。

と言うのも、今まで200万人分の備蓄があると思っていたのは、飽くまで新型インフルエンザに対する使用量での話で、新型コロナなら使用量が3倍に成る為、現状の備蓄量は67万人分程度しかなく、目指す年内備蓄200万人分(インフルなら600万人分)と言うのは年内生産量の限界を示していると思うからです。

しかも政府は世界各国に、臨床試験向けのアビガンを無償供与すると言っていますから、現実の備蓄は50万人分も危ない状態で、医療や、治安、政府関係者に優先して投薬すれば、我々一般人には当分出回りません。(TT)

ちなみに日本の医療関係者数は医師約30万人、看護師90万人、准看護師40万人で、合計160万人程度であり、薬剤師や、医療技師まで加えれば軽く200万人は突破しそうですから、今年度の生産分は医療関係者だけで終わりそうです。(TT)

原材料のことも有るのでしょうが、野党が邪魔をすることなく、早期にアビガン増産体制の構築が出来ることを願っています。(-“-)

2 Comments

白石 喜信

お笑いトリオ「森三中」大島美幸(40)の夫で放送作家の鈴木おさむさん(47)が4日、自身のツイッターで黒沢かずこ(41)の新型コロナウイルス感染が判明した経緯について説明。「病院行っても、検査してくれなくて、粘って粘って、頼みこんで、やっと今週水曜日検査してくれたんです!なかなか検査してくれない!これが怖い!」と訴えた。

黒沢が先月21日に発熱していたことから「森三中・黒沢、二週間放置とか書かれてますが、そんなことない。味がしないという症状が出て、先週の木曜日26日から、自宅待機で仕事休んでます」とした上で、味覚に異変を感じる症状がありながら検査が行われなかった実態を明かした。

黒沢の感染は4日、所属事務所の吉本興業が発表。3月21日昼に発熱症状が見られ、その後回復したが、味覚・嗅覚の異常が残ったために東京都内の保健所に連絡し、複数の医療機関を受診。今月3日夜に感染が判明し、現在は自宅で療養しているという。

これが実態のようだ。
昨日は東京で感染者が89名と発表されたが、検査は162名しかやらなかったと言われている。つまり検査の半分以上が陽性だったということ。
オリンピック開催のために感染者数を少なく見せる手法が未だに継続しているようだ。
厚生労働省が指示を撤回していない?
緊急事態宣言をして、3週間程度自宅待機にし、その間に徹底的に検査して、軽い感染者はホテルに入れる。これが最も早く収束させ、経済へのダメージも最小にできるのではないかと言われているが、安倍政権はそんなことは考えたくもないように感じる。
報道関係者によると、東京のロックダウンをここにきて真剣に検討を始めたそうな。
(ネットの書き込み)
保健所に連絡すると、なるべく検査をしないように説得してくる。
全く、安倍、菅、加藤厚労大臣の発言とは異なる。
やはり、政府からの指示でベットを政府関係者や上級国民の為に空けておくためなのかと思うようになりました。

[東京 3日 ロイター] –
在日米国大使館は3日、日本国内で新型コロナウイルス感染者急増の恐れがあるとし、日本に滞在する米国人に対し即時の帰国を検討、もしくは不確定期間にわたり米国外に滞在する可能性に備えるよう注意を喚起した。
米大使館はウェブサイトで「帰国を望む米国民は即時に帰国に向けた用意を整えるべき」と提言。さらに「大規模な新型コロナ検査を実施しないという日本政府の決定によって、新型コロナ感染者を正確に把握することが困難になっている」とした。
(その他の記事)
在日アメリカ大使館は4月3日、日本に滞在するアメリカ国民に対し、帰国を強く促す文書をホームページ上に掲載した。
その中で、「幅広く検査をしないという日本政府の決定によって、新型コロナウイルスの有病率を正確に把握することが困難になっている」と指摘した。同盟国のアメリカから、日本の検査不足が指摘される形となった。
ヘルスアラート(健康に関する注意喚起情報)と題した掲載文書は、まず日本全体で過去72時間で、一日平均にして約200人の650人以上の陽性が確認されたことを説明している。
そのうえで、「アメリカ国民が自国に帰国したいと望むのであれば、今にでもその準備をすべきである。アメリカに住むアメリカ国民ではあるものの、現在一時的に日本に滞在しているアメリカ人は、無期限に日本に滞在する用意がない限り、直ちに帰国準備をすべきである」と述べ、アメリカへの帰国を強く呼びかけている。
そして、アメリカとヨーロッパに比べて、日本の感染者数が比較的少ないとした上で、「幅広く検査をしないという日本政府の決定によって、新型コロナウイルスの有病率を正確に把握することが困難になっている」と指摘している。
さらに、「今日の日本の医療制度には信頼がおけるものの、新型コロナの感染増加によって、今後数週間にわたり、その制度がどのように機能するかを予測することが難しくなっている」と述べ、感染者数の急増によって、持病を抱えるアメリカ国民がこれまで日本で慣れ親しんできた治療を受けられなくなる恐れを示している。
NHKの報道によると、4月3日に新たに日本全国で312人の感染が確認され、1日に確認された感染者の数が初めて300人を超えた。
安倍政権がオリンピック開催のためにPCA検査を絞り込み、感染者数をごまかしていたことを米国政府も認識した模様。

返信する
heikurou

白石さま
検査の問題は確かにあると思っています。
ただ別に隠ぺいしよう思っている訳ではなく、単に「現実の運営」と「説明が圧倒的に下手クソ」なのだと思っています。(笑)
日本の医療制度や、政権のあら捜しが仕事になっているマスコミの存在からして死亡者数を隠ぺいするのは不可能と判断しているので、感染者数を問題にする必要ないと思っています。
事実だけ見れば日本のコロナ死亡者は圧倒的に少数です。(^◇^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です