必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

富士フイルム

世界中が暴落している中ですが、昨日引け値付近で富士フィルムを信用で買いました。

理由は昨日書いたように新型コロナ対策に同社の薬アビガン(ファビピラビル)が有効だと考えたからです。

有効と考える理由はいろいろあるのですが、まずは既に製造認可済みで、200万人分の備蓄があり直ぐ使用できる体制であることが大きいです。

副作用の話もありますが、死亡率が高い本当に必要な高齢者にとって、催奇形性など全く問題になりませんし、既に中国でも使い始めていることが現実味を強くしています。

また米国で期待が大きいギリアドのレムデシビル等他にも期待される薬は2つ程ありますが、日本や中国、韓国で直ぐ使える有効性の高い薬はアビガンしかないと判断しました。

富士フィルムへのアビガンの利益貢献はまだ不明ですが、現状でも割安水準ですし、チャートも理想的で、また流動性は確保されているので、信用だけに間違えたと思えば直ぐ投げられます。

以下アビガンの国家備蓄が行われた理由

催奇形性の危険があるにもかかわらず承認されたのは、ウイルスを細胞内に閉じ込めて増殖を防ぐ既存のインフルエンザ薬と、ウイルスの遺伝子複製を阻害して増殖を防ぐアビガンの作用メカニズムが異なり、既存薬に耐性を持ったウイルスが蔓延した場合でも効果を発揮できるとの期待からだった。 (ウィキペデアより)

以上

本日文中のリンク先記事1・2ページは熟読と以下のユーチューブの纏め動画をお勧めします。(>_<)

新型コロナ特効薬アビガン

正確性に難はありますが、ザックリと全体像を掴むには良い思います。

2 Comments

白石 喜信

いつも勉強させていただき、有り難うございます。
さて、抗ウイルス剤についてですが、一個人薬剤師としては、
効果は早ければ1日、遅くとも4~5日で分かると考えています。
発表しないのは・・・・先に公的資金に買わせてから、
来週にも結果を発表?
中国企業にクロスライセンスをして、増産しているのを考えれば、
効果は相当ある筈と思っているので・・・・・・

返信する
heikurou

白石さま
考えすぎですよ。^^
薬を投与しても症例が少なければ薬効は説明できません。単に新型コロナに対する薬効確認に時間が掛かっているだけでしょう。
中国でのライセンス生産も中国主導でしょうし、薬効が確認できればまずは政治家・役所関係→警察関係→医療関係→の順で配布されると思っています。
まあ製造が進んでも一般に回ってくるのはだいぶ先ですね。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です