必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

3ケ月間はウイルスが最大材料

中国で最初の新型肺炎患者が発見されたの昨年12月8日で、WHOへの最初の報告が行われたのが、12月31日ですから、日本のGDPが落ち込んだ前年10-12期の数字は新型ウイルスの影響は受けていません。

そして中国は1月27日から団体での海外旅行を禁止し、武漢を封鎖しましたが、春節の連休は24日から始まっていますから、24、25、26日の3日間で感染した大量の中国人が世界中にバラまかれたのが分かります。

その後日本のクルーズ船での感染管理の杜撰さが明らかとなり、世界でも感染者が急激に増加している現在、今年の1-3月期の経済や企業業績への影響が全く分かりません。

しかも米疾病管理センター(CDC)は22日、今後米国内での新型ウイルス拡大の可能性は高いと明言していますから、米国での感染が広がれば、経済への影響度は桁違いに上がります。

これでは平均株価が上がるのは無理で、週明けはこれまでのマスクや消毒関連に代わり外出控えを好材料とした中国・韓国でネットゲーム展開のネクソンなどが買われ、商品のほぼ全てを中国に頼る100円ショップのセリアなどウイルスを悪材料とする銘柄は売られる相場が明確化しそうです。

まあ今後3ケ月間は新型ウイルスの動向が経済においても、企業業績においても最大の材料になるのは間違いないでしょう。(-_-;)

 

2 Comments

さいとう

確かに何とも言えない不気味さを感じますね。金曜は主力貯株残しで雑株の殆どを処分、平均コスト553円だったJストリームの大半も利確、運良く2.4倍になってくれ他の-埋め合わせの上、おつりが来ました。感謝!
私もしばらく静観です。

返信する
heikurou

トランプと大統領候補者のサンダースと、習近平が新型コロナに罹ったたら、生き延びるのは習近平だけかもしれませんね。

こちらも他人ごとではないので、精々ラクトフェリンでも飲むとします。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です