必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

JBCC決算

WHOの「緊急事態宣言」をNY市場が好感し、東京市場も今日は落ち着きがでそうですが、今回の下げで嫌なのは、決算を見たいとして逃げ遅れた投資家が多そうな事です。

自分にしても間一髪で利益で売れたグリムス以外の銘柄は板が薄い上に、下げが急すぎた為、売れば自分で値を崩すことになりましたから、売ろうと思っても売れなかったです。

まあ残りは今年のテーマに沿った実態の有る、長期見通しの良い会社ばかりですし、保有を継続すると決めて居ましたから、慌てることはありませんでしたが、本来ならもう少しキャッシュポジションを高めたい所でした。

さて問題は下値の目途ですが、現状では「五里霧中」ながら、日経平均をチャートで見ると3年ほどのボックス相場になり、ボックスの下限が20,000円近辺に見えますから、今後は2万円まで下がることも有り得ると考えています。

むろん外れることを祈っていますが、常に最悪を考え、今後は日経平均が2万円でも生き残れる相場を張る積りです。

後JBCCの第3Qの決算が出ましたが良い決算です。^^

ただ、少し分かり難いのと出尽くしで、株価は一瞬下振れする可能性も有りますが、直ぐ落ち着きを取り戻すと考えます。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です