必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

100万人と1人死亡?

今年中に日本では100万人、中国では1000万人以上が確実に死亡します。

別に新型肺炎が原因ではなく、人には寿命が有るからで、人口の1%程度の人間が毎年死亡するのが当然で、日本1.2億、中国13億と考えれば、上記人数は今年確実に死亡します。

そして、寿命の人が新型肺炎になれば、致死率100%ですから、今後新型肺炎の患者や、死亡者が増えたとしても、人口比率で考える必要があり、例え100万人死亡すると言っても、それは中国で毎年死亡する人の10%程度ですから割と普通の事だと思って居ます。

上記を踏まえて言えば、昨日JRの駅に行き、周囲が中国人だらけなのを見て、新型肺炎は世界的流行となり、日本もそれを覚悟すべきで、これまでは考えが甘かったと思えて来ました。(TT)

新型肺炎は2~14日程度の潜伏期間がありますから、例え武漢を封鎖しても、発症者が増えるのが当然で、春節明けから1週間程度は爆発的に増え、それに従って人心の不安が増大し、経済が大きく落ち込む可能性が強いと思えて来たのです。

従って感染が下火になるまでは強気に出れないのですが、反面、ウイルスは低金利継続の大材料でもありますから、あまり弱気になもなれません。

そこで2度目に買ったグリムスだけは昨日売ってしまい、残りの銘柄は保有を継続する積りです。

売ってしまったグリムスも31日に出る決算は良いとは思いますが、長期見通しがイマイチ確信がなく、24日に好決算で上方修正したピー・シー・エーや、28日増配を発表したオービックが予想以下として暴落しているのを見て怖くなったのです。( ゚Д゚)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です