必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

DXレポートとは

経済産業省の指摘する「2025年の崖」(DXレポート)とは、再度超翻訳すれば

「デジタル投資しない企業は潰れますよ~~!」

という事です。(笑)

これを受けてか今日の日経にもセブンイレブンが商品発注にAIを導入するとあり、良い企業ほどデジタル投資に前向きなのが分かります。

またDXレポートは日程として1~2年を準備期間として行程表を作り、その後の5年で作業を勧めろと提唱していますが、早い所は既に始まっており、西友やローソンなどは昨年から既にAIを導入済みといいます。

大企業のシステム構築には通常5年程度は掛かると言いますから、上記で分かるのが、「崖」が有ると言う2025年に向け「今後5年間はシステム投資は高水準を保つ」という事でその間、価格競争も起きないという事です。

優良企業の仕事で埋まっている時に、金払いが悪い企業の安い仕事をする必要がないからで、特にAI導入に得意なシステム企業は今後5年間は「我が世の春!(^^♪」になると思うのです。(笑)

そのシステム企業JBCCは明日決算発表の予定ですが、目先の焦点は業績期待の「織り込み度」に付きますから、投資家の期待を下回れば、増益でも短期的には売られる事も有り得ます。

ただし、今後5年間で見ればば、マダ成長の入り口に立ったばかりだと考えています。(^○^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です