必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

2025年の崖(DXレポート)

昨日の日経平均が218円安と低迷する中でJBCCが42円高と堅調で、全体相場が悪い時に高いのは相場が滅茶苦茶強い証拠と喜んでいます。^^

しかも内容を見てみると信用の買い残は25万株程度と少なく、上げ過程で全く増えていませんから、買っているのは機関投資家で間違い無いでしょう。

ではなぜ決算前のこの時期に買い上がっているのか気になり昨日図書館で調べて見ると、どうやら経済産業省が一昨年9月に出した「2025年の崖」レポートが理由です。

「2025年の崖」問題とは簡単に言えば、

既存の業務システムが老朽化し、サポートも切れる上に、エンジニアが定年退職することでブラックボックス化が進むから、計画的にデジタル化を勧めないと超ヤバイよ!

と経済産業省が言っているのです。(笑)

大手ならシステムの刷新には5~10年単位の時間と延べ500~1000億円の膨大なカネが掛かるといいます。

株を買って居る投資家はJBCCはそのカネを受け取る側の企業だと判断しているのです。(^○^)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です