必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

保有銘柄雑感

揉み合いの続いていたJBCCと、コアに動きが出始めましたが、JBCCは株価が活動ステージを代える動きですが、コアはまだそこまで行ってない段階です。

JBCCの揉み合いが長かったのは、20年前のネットバブル時に8450円付けた後の暴落での揉み合い場面にぶつかっていたからですが、流石に20年前のシコリでは新高値を付ける段階で、熟し終わったと思っており、今後は値段が跳びやすくなっていますから、ここらで材料でも一発出てくれればと期待しています。(笑)

ただ両社とも1月30日が第3Qの決算発表ですから、決算に向けて期待感が高まっているのが分かり、期待が強い時は、決算が予想通り良い程度では発表後に売られる可能性も高いのですが、JBCCは株価のステージが代わってるとすれば、押し目も浅いでしょうし、その後の成長期待も強いです。

然しながらJBCCは少し株数を持ちすぎている感がある為、今後値段が跳ぶようなら一部は売却する可能性も有ることは宣言しておきます。^^

また同じく動き始めたコアはまだ揉み合いを放れたとは言えない段階ですから、月末の決算が悪ければ再び売られ揉みますが、この会社は確実に内容が良くなっており、既に成長期入りしているの判断をしていますから、第3Q決算が悪くても簡単に売る気は有りません。

ついでに昨年強烈な下げを食らった日本ファルコムも会社は確実に良くなっており、株価も完全に底を打ち、新作の出る夏に向けて上昇波動入りしたと判断しており、売る積りはありません。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です