必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

東京海上放れ!

懸念したNPCの決算は予想通り悪く、引け後の夜間取引(PTS)での株価は464円の53円安と大幅に売られました。

間一髪で忘れていた決算発表を思いだし、過去の状況を調べたのが功を奏した訳ですが、悪い四半期決算と言っても、利益の計上時期の問題で、本来売られるような理由では有りませんから、買戻しを考えています。

ただ問題なのは第一四半期が悪いと第2四半期が良いとは単純に言えない事で、昨年などは第2四半期のほうがより一層悪かったため、直ぐには買い戻し難いのです。

まあその間に国会で太陽光パネルのリサイクル法案可決でもあれば、再び人気付く可能性は高いのですが、残念ながら現状では法案の成立が何時に成るか分かりません。

従って、同株は次の四半期決算が出るまではお休みする積りで、資金を換金性の優れた東京海上に移した訳なのです。

また東京海上は配当も良く、平九郎の持論である「日本のアジア成長の取り込み」にも絶対必要な会社ですし、近く保険料の値上げも行われるようですから、本決算に向けて買いが集まり易いです。

もっとも上記は後付けの理由で、本当はチャートが、株価が上がる時の抵抗と成る出来高価格帯を抜け、超長期の揉み合いを放れてきたことを評価した買いですね。(^○^)

 

注:メモでは初心者に分かり易いよう出来るだけ心がけてはいますが、それでも理解できない言葉が出て来たときは、まず

「googleさんに聞いてみましょう!(笑)」

それでも分から居ない事はコメント欄にその旨入れて頂ければ極力回答させて頂きます。(^○^)

2 Comments

はにわ

お久しぶりです。
昨年もブログ上で大変お世話になりました。そして、今年もよろしくお願いします。
昨年はあの上げ相場にも関わらず、過去最大の損失を出してしまい、本業も忙しかったので大人しくしておりました。
NPCはさすがですね。私もつまみましたが、決算は見ため悪くなりそうだったので、いったん降りてました。
平九郎さん銘柄では、JBCCとグリムスが気になります。ホットリンクも爆発力がありそうなので、監視を継続する予定です。
ここのところ物色されているテーマに偏りを感じます。その視点で昨年末ニューテックを見てたのですが、年明けから手の届かない所にいってしまいました。

後は今月末のBOIの1Qはたぶん赤字なのでどう立ち回るか思案してます。中国ミトラの版号取得がいつ出てもおかしくなさそうで・・・。

返信する
heikurou

はにわさん

此方こそ宜しくお願いします。
自分でも昨年は大失敗が連発する酷い年でしたが、最後はなんとか纏められました。(笑)

JBCCと、グリムス確かに今週が焦点で、自分でも期待しています。

ただBOIは下値でのシコリガ増えた感があるので、暫く放置する積りです。(^○^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です