必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

社長が売る株は買うな!

昨日久しぶりに建てた信用で買った伊藤忠が上がり、空売りしたビジョンが下がったので、相場が上手くなったかと勘違いしそうです。(笑)

まあ上がると思っても上がらない株があるように、ダメな株と思っても下がらない株も有るわけですが、ふと思い出したのが3年ほど前に「典型的●ソ株」とメモに書いた青山商事です。

書いた日の引け値が4,600円でしたが、昨日は1,969円ですから、3年で半値以下と順調に糞株ぶりを発揮した訳で、毎年のように下方修正を繰り返し、株価は下げ続けて居ますが、此方も社長の持ち株会社と見られる(有)青山物産に複雑で不透明な動きが見られます。

結局社内事情を一番よく知っている、社長の支配する株数が減っているときはロクな事が無いだけに近づくべきではないという事ですが、そう言えば、以前メモでも取り上げた事が有り、最近テレビ宣伝を始めた弁護士ドットコムも社長が8月に2%近く株を売っています。

しかも同社の社長の支配株は依然68%と異常なほど多くて、会社支配に必要な50%以上を大きく上回っていますから、今後も売却できる株数が多数あり、CMで期待感が膨らめば再び売りに来そうです。

最も同社は現物銘柄で、信用売りは使えませんから空売りは出来ませんが、此方も今はテレビの宣伝に乗せられて買うべきではないのは明白です。

オーナー系企業を買うときは「大量保有報告書」の動きに注意しましょう。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です