必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ビジョンがヤバイ

昨日主力株の一つであるJBCCが246円高と急伸したことで、少し余裕が出て来たので、守備固めに保有していた純金信託を一部外し、以前購入した事のある総医研と、テモナを再度買い直しました。^^

あと、逆の意味で一つ気になっているのは、此方も以前大きな利益を上げた事が有るビジョンです。

理由は佐藤二朗×今田美桜のコマーシャル(音声注意)で最近急速に注目を集めている、「どんな時もWi-Fi」で、海外でもそのまま使え、しかも安価という事で、グローバルWi-Fi事業が中心のビジョンにとっては脅威となりそうだからです。

ビジョンは高成長を続けた為、株価もそれなりの値段で、時価総額は現在でも770億円ありますから、期末の予想営業利益33億円では翌年の成長が止まると見られれば急落しかねません。

そしてなにより悪いのが同社の大量保有報告書を見ると分かるのですが、筆頭株主の佐野社長と、第2位のメンバースモバイルが「どんな時もWi-Fi」が注目を集め出した4月頃から保有株を売却し始めている事です。

その上株価を下げる原動力とも言える信用の買い残は、8月2日の13万程度から、3分割の有った9月末に向けて、約94万株と激増し、現在でも約82万株と高水準のままです。

おまけに平九郎が今年7月に成田空港に行った時、ビジョンの「グローバルWi-Fi」のブースの前に1時間ほど座っていたのですが、殆ど客が来ず、愛想のないマスクをした女性が座って暇そうにしていたのを思い出しました。(笑)

同社の第3Qの決算発表は11月8日ですが、もし成長が落ちていると見られる数字なら、株価は大幅な修正を余儀なくされそうです。(^○^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です