必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

後悔の原因

即位礼正殿の儀が行われた昨日、日経新聞のコラム大機小機に「非常識な時代」がありましたが、その中で考えさせられたのが、株式市場は企業が資金を調達する場と言う「昔からの常識の変質」の指摘でした。

コラムでは、現在の資本市場は「企業が自社株買いを通じ、投資家に資金を返す場に変わっている」と言い、また新規に上場する企業でも、上場前に◯◯キャピタルや、投資事業組合などが資金を出すことで、上場時は既に急成長した後だと言います。

また、急な成長でパンパンに張った状態で上場してくることから、その後のj持続的成長が一段と難しくなっており、結局大きな売却益を得るのは、上場前に資金を出したファンドや、株を売った創業者だけだと続けます。

これらの指摘が正しいと思うのは、新規上場(IPO)で、人気が付き途轍もない高値を付けた後、殆どの株価が急落していると言う事実があるからです。

むろん個人でもIPOで儲けた人も居る訳ですが、それは、「撒き餌」としての抽選で当たったごく一部の人であり、大半の個人投資家は「イナゴ」として彼らの「肥やし」になっている訳です。

従って、どのような成長企業でもIPO後の株を買うには、上記のような「◯◯キャピタルや、投資事業組合」等のファンド勢が売切った後にすべきで、間違ってもファンドの受け皿になってはいけません。(笑)

上記のようなファンドは、上場に伴う売買益を得るのを目的として創設されている為、上場時に売るのが当然であり、保有を続けるのは上手く売れなかった場合だけですから、その場合はその後の株価を押さえる要因として働きます。

そしてこれが、バンク・オブ・イノベーションが購入後低迷して、苦労した最大の原因ですから、もっと早く「市場の変質」を勉強しておくべきだったと後悔している訳です。(笑)

昔の企業は「小さく生んで大きく育てる」が常識だったのですが、現在のIPOは「大きく生んで、後は野と成れ、山と成れ」になっているのです。(*´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です