必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ブレグジットより大事?

英国とEUがる脱条件で合意したことから、今日の市場にはブレグジットへの明るい見通しが広がりそうですが、正直言って、「だからどうした?」と言う感じです。”(-“”-)”

まあ合意があろうが無かろうが、英国がEUから離脱するのに変わりはない訳で、それって「EU崩壊の始まりじゃないの?」て思ってしまうのです。(笑)

従って市場の望みとは再度延期になって、結局「離脱しない」と言うものでしょうから、上記で喜ぶ訳には行きません。

まあブレグジットがどうなるかなど考えても分からない事なので、考えないようにしていますが、言えることは、欧州で何が有っても成長する企業を探すだけです。^^

さてブレグジットは気にしなくても、日本の税制動向は気になるもので昨日、甘利税制調査会会長が、20年度の税制改正を「民間の内部留保を成長分野への投資に回す促す税制」にすると明らかにしました。

しかも、前提としてあるのが「経済のデジタル化へ対応する税制」ですから、投資家としても大歓迎できる話で、ちなみに日本企業の内部留保の金額は463兆円と言われ、日本の国家予算の約4.5倍ありますから、実現すればインパクトは大きいです。

甘利氏は安倍首相より5歳年上で、しかも実力もある政治家ですから、税制調査会会長の立場で発言したとなれば、提案する税制が実現する可能性は極めて高く、来年への期待が膨らみます。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です