必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

怪しい会社は魅力的?

昨日のストップ高近辺でバンク・オブ・イノベーションを少し売りました。^^

早いなと思いながらの売りですが、今年は急騰の後の暴落でホットリンクや、アルファックスみたいな、突然のストップ安を3回も経験しているのと、主力資金がゲーム銘柄に偏り過ぎていることが有り、流石に少し利確して置きたかったのです。(笑)

最もその後の夜間取引(PTS)では堅調に推移していますから、やはり早売りの感は免れませんが、一部売却で残りの株のコストはタダに近くなりましたから、売却分の今後は日本ファルコムに期待するとします。^^

さて売却資金ですが、GOLDを増やす積りだと言ったのは変わりありませんが、実はGOLDそのものである純金信託を増やすか、金先物業者の豊商事を増やすかで少し迷っています。

なんといっても豊商事はなにも生まないGOLDと違って高い配当が有りますし、しかも今四季報電子版では既に大幅な増額修正が出されていますから、動き始めれば時価総額800兆円のGOLDより、時価総額46億円の豊商事のほうが動きが早いです。(笑)

もっとも昔悪名をはせた商品先物取引の会社ですから、いつ不祥事が起きるか分かりませんし、筆頭株主がジョン・フー率いる「EVO JAPAN」と言う怪しい会社ですから、沢山は買いません。(笑)

ただ、10月に商品取引所がJPX(日本取引所G)に買収され、来年7月に総合取引所の発足が決まっている以上、同社は統合で業界最大のメリットを受けるはずなのです。

また総合取引所は第一次安倍政権以来10年以上追って来た材料だけに、最後まで見届けたいと言う気持ちがあるのと、幾らなんでもですから総合取引所が発足すれば一度位相場が有るだろうと言う「スケベ根性」が少し持っていたいと言っているのです。(笑)

また最近の低金利で地方銀行株が苦境に立たされ、SBI証券等と異業種連携する動きが出ていますが、豊商事の筆頭株主「EVO JAPAN」は高く売れるとなれば、間違いなく売り飛ばしますし、同社は「値段次第で買える会社」ですから、銀行に買収されることもありうるでしょう。

銀行は以前過払い金請求で、苦境に陥ったサラ金各社を買い漁った実績が有りますから、それほど荒唐無稽とは思えませんが、出来れば識者のご意見をお聞きしたいものです。(^◇^)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です