必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日本ファルコムに集中

昨日迷いに迷った挙句に結局、朝10時に2度に分けてホットリンクをウオッチ用の株だけ残して売却しました。

売却した最大の理由は今決算のデータ子会社の赤字幅は全くの想定外であり、売り上げの24%に上る赤字の解決策が見えていないことです。

しかし、時価総額的には既に47億円に成っていますから、ここから左程下がるとも思えず、しかも赤字4億円の内1億程度は売り上げの期ズレもあったと言います。

また、ミニマムアクセス料を払って取得した新データの収益化も後期は期待できることから、後半は回復基調になるのは確かだと思えるのですが、現状では赤字を脱するの判断は出来ませんでした。

そして現状で赤字が脱出の目途が立たない以上、余程の幸運が無ければ、目途が見えるのに次の四半期まで最低3か月は待つ必要が有りますが、職業人の平九郎には幸運を待つことも、主力資金を3か月も寝かしたままに出来る余裕も有りません。

そこで、今決算で既に48%の営業増益と言う結果が出ていて、今後3か月の間に大きく居所を変えそうな日本ファルコムに資金を移したほうが得策の判断を下した訳ですが、「損切りが次の利益の源泉」と考える自分にとっても今回の決定は断腸の思いでした。

現状でもホットリンクは大底圏にあると思って居る為、「損切り後に上がっても後悔しない」等と言えば大ウソになりますが、現状では己の決定を信じる以外はありません。

日本ファルコムを選んだ理由は先週末書いた通りですが、大幅増益基調が鮮明で有り、財務内容も極めて良いことからリスクが少ないと考え、また売買は株価の位置だけでなく、収益動向で決めるべきと思った訳です。

むろん判断が間違っていれば、更なる手痛い代償を支払わされることは覚悟の上です。(>_<)

 

2 Comments

さいとう

ゲームとかわからない口ですがBOI書き込みの連想で日本ファルコム買っておきましたら、お陰様でこのところ元気が良いようです。ありがとうございます。
お礼のつもりで今朝BOIを昨日の終値+1円で指値しておいたら入ってました。
テモナも内容が良さそうなので少し買っておきましたらなんと前場S高。
リスクONムードもでてきたのかAI関連が盛り返している様ですね。
調子のってホットリンクも手数料込平均305円でそこそこ拾ってみました。大株主入りくらいまで買い進んでおられた様なので大分、需給が改善するだろうとの読みだけですが。
いつも読ませて頂いておりますが参考になる書き込み多く、感謝してます。引き続き健康に留意し継続ください。

返信する
heikurou

さいとうさん

ホットリンクの読みは多分当たっていますよ。平九郎銘柄はブレが大きいので小口で買うのが一番儲かります。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です