必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日本ファルコム

昨日の「暴落3兄弟」のお蔭でファンドはかなりの被害を被ったばかりですが、実はまた面白そうなゲーム会社を見つけたので、一応ご報告しておきます。^^

銘柄は日本ファルコムで、原価が殆ど発生しないライセンス販売が売り上げの過半を占める為、恐ろしく営業利益率が高い上に、無借金で財務内容は抜群ですし、あの200億円個人投資家、五味大輔氏が大株主に名を連ねている会社であり、ソニーのプレステや任天度向けのゲームを作って来た超老舗企業です。

この会社、8月8日に48%営業増益の第3四半期決算を出し、通期業績予想をほゞ達成したのですが、増額修正を出さなかった為、株価はまだあまり動いていません。

しかし、IRに確認したところ、増額修正しない理由は、同社のゲーム新作の発売が9月26日にあり、その予約状況の集計待ちだと言うのです。

しかもその新作は、シリーズ9作目の人気作「イース」と言うことですから、既に固定的ファンがいるゲームだけにある程度の出荷は確実視されており、現実には増額修正待ちの状態なのです。^^

最も新作の発売が後ずれすることも良くありますから、絶対確実とは行きませんが、その場合でも数字は次の決算に入ってきますし、現時点の達成率からしたら、減益はあり得ないでしょう。

また同社は昔からの人気シリーズものをスマホゲームにリメイクしたものを続々と配信を決めていますから、今後はそちらもリスクのない、利益率の高い収益源として活躍しそうです。

同社の魅力はゲーム黎明期からのゲームファンを中心とした知的財産(IP)が豊富な事であり、スマホ化したことで同社を昔からよく知るプレステ等の有料ゲームに慣れた資金力のあるオールドファンが懐古的に動くことが期待できることです。(^◇^)

 

 

 

 

 

 

 

「暴落4兄弟」に成らんようにな!(-“-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です