必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

感性を磨け

NYダウ平均は389ドル安と急落していますが、台湾でのクリプトラクトの事前登録はその後も伸び続け、本日朝6時で414,261人となっており、本日配信開始時となります。^^

さてこれを受けてバンク・オブ・イノベーションの株価がどうなるかが本日最大の関心事ですが、昨日も書いたようにPTS(夜間取引)で、3,040円を付けている現状からすれば、買い気配から始まることは間違いなさそうです。

問題は昨年11月14日に付けた史上最高値の3110円を抜けるか否かですが、抜ければストップ高を付ける可能性は極めて高いと思っています。^^

理由は今後見込まれる好材料が豊富な事もありますが、やはり高値の翌日の下げ過程、11月15日の最高出来高348万株の寄り付き値段2,678円を抜いており、最大のシコリ場面は既に突破しているからです。

そして、3,110円の高値を抜ければ、今度は「実質的」ではなく、「名実共の青天井」銘柄となりますから、常に動く株を探す、短期トレーダーが集まりやすくなり、株価の動きが加速します。

そして、短期トレーダーが集まることで、出来高が増え流動性が増しますから、売買がしやすくなり、時には発行済株式数を上回るような出来高が出来ますから、そうなるとさらに短期資金が集まりやすく、株価が好循環になる訳です。

是が「青天井」のからくりで、こうなると企業の現在における実力など無視して株価が動き出す為、PER100倍や200倍などの株価が付くわけですが、彼らは企業の将来性を考えて買っている訳では有りませんから、株価が伸びないと思えば直ぐ売ってきますし、まだイケルと思えば株価が1万円以上でも買ってきます。

従って、青天井銘柄の天井など誰にも分かりませんから、これから先は己の「感性」だけが頼りの相場となりますね。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です