必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

BOI年内見通し

昨日バンク・オブ・イノベーション(BOI)がNY株の大幅安をものともせず128円高と急騰しましたが、理由は前日売り過ぎたのと合わせ、台湾でのクリプトラクトの事前登録が21万台に乗せたのが理由と思われます。

では事前登録の21万人と言う数字が多いのか否かですが、これは前回のミトラスフィアの事前登録が65万人程度であったと考えられる事から、台湾と日本の人口比で言えば、2倍のペースと言って良さそうです。

最も前回も言ったように台湾・香港合わせて3000万人程度ですから、人口比では両者合わせても日本の半分位しか期待できませんから、やはり10倍以上の人口を持つ中国本土での配信開始が待たれます。

そこで会社IRに問い合わせた所、中国配信の時期は配信を行うネットイースからの情報のようで、なんでも「当局認可には順番が有る」ようなのです。

現状では、その順番を数えると来第一四半期となるという訳なのですが、9月決算のBOIの第一四半期と言えば今年10月~12月ですから、早ければ2か月後、遅くても年内です。^^

しかもその時期は先行配信している台湾・香港での実績数字が出て来る時期ですし、新作の発表の時期とも重なって来ることから、BOIの年内見通しは極めて明るくなっています。(^^♪

 

昨日もNYダウ平均は280ドル安で、しかも強烈な円高ですから、今日の東京市場も売られそうですが、BOIに限ってはここで売るという選択肢は有りませんね。(^○^)

2 Comments

はにわ

おはようございます。
いつものトランプ砲で為替や日本株が反応していますが、BOIはようやく発射したんでしょうか?明確なトリガーがわからず困惑しながら喜んでます。
中国の時期はどうもそのようですね。台湾の事前件数をみる限り、ネットイース社はしっかりPRしようとしているみたいなのと、中国の嗜好とキャラデザなどの方向性が合いそうな印象を持っているので、結構件数が出るような気がしてます。
そこがはっきりしてくれば、将来EPSの伸びと許容されるper水準訂正で相当上値が見込めると思うんですけどね。
少なくとも2-3年前の状況だったらだったら相当買われてたんでしょうね。

返信する
heikurou

はにわさん
BOIは中国展開への期待が、台湾の事前登録で、現実として見れるようになったのが大きいのだろうと考えています。

あとキャラデザインの事ですが、樋口君は最初からアジアに焦点を当ててゲーム開発をした気がしています。

従って英語圏での配信は期待できませんが、インドネシアやインドまで広がれば最高です。(^○^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です