必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

昔の名前で出ています。

米中首脳会談を受け、日経平均は「令和」に入って最大の454円高を記録しましたが、その後のNYダウ平均は117ドル高と意外な冷静さを見せています。

昨日の日本市場の上げを見て、NYダウ平均が新高値を付ける可能性を考えていただけに、拍子抜けした感じですが、NYはともあれ東京市場が底離れしたと思って良さそうです。

最も、先日も「森を見ずに木を見る」と書いたように平均株価で見るのではなく個別株で見ていくべきと考えている訳ですが、昨日は全面高だった為、銘柄間の違いが分かりませんでした。

従って、今日からが本格的な相場で短期で狙うべきなのは、やはり相場が悪化している段階で、新値を付けて来たようなビーイングのような株だと思っているのですが、もう一つ新値を抜ける直前のインフォコムにも注目しています。

同社はかなり以前にメモにも登場した株であり、その後も順調な成長を続け、昨日は新値抜け直前まで迫っていますが、新高値を抜けるようなら一度買ってみようと思って居ます。

最大の理由は現在のHPからは削除されている以下の文章を読んだからで、どうやらその後売却したか立ち消えになった様なのですが、この話の結末を追ってみたいからです。(^○^)

以下

2015/12/21 – 2014年7月にインフォコムと株式会社KODENホールディングス、コーデンテクノインフォ株式会社の共同出資により設立したEverySense社では、2015年12月17日に、世界初のIoTデータ交換取引所を日本に開設しました。・・・・

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です