必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

短期・中期・長期

G20での米中首脳会談が終わり、両国が5月から途絶えている貿易協議を再開される事を合意し、関税第4弾は先送りされ、ファーウェイへの取引も一部容認される姿勢が示された事から、明日の東京市場ではこれらを好感した相場が期待できます。(^○^)

しかも相場は未だトコトン売り込まれた水準ですし、裁定残高は売りの方が多い状態で信用残高も軽く、相場は極めて上がり易い状態ですから、月曜日は思い切って買って行く積りです。

銘柄的には金曜日のメモに書いた渡辺誠二さんの言うNISSHA(7915)の様な売られ過ぎ銘柄と、悪い相場の中でも20年の潜伏期間を経て復活してきたビーイング(4734)などに注目していますが、一番上がって欲しいのはやはり中核銘柄のバンク・オブ・イノベーションです。(笑)

最も同社の業績的見通しが良いのは、中国や台湾への配信や英語圏配信が始まり、新作発表も期待できる10月以降ですから、ここで臨むのは10月以降の株価急上昇を期待して、発射台を上げる事だけですが、それでも大台位は代えて置いて欲しいです。(笑)

然しながら世界経済の不安定化や、トランプ大統領の気紛れや不規則ツイートは今後も続きますから、中・長期的に狙うのはやはり今後も短期的な外部要因に左右され難い銘柄です。

これはメモで言えば中期的には人手不足関連のクックビズのような株と、長期的には今後の急成長が期待出来るベトナム関連株だと思って居ます。(^○^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です