必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

GOLDはホントにあるの?

GOLDの事で昔から気になっている事が一つあります。

それは日本銀行が保有する金準備の765トンのGOLDが金塊として「本当」に現物が有るのかという事です。

これが普通の会社や銀行なら監査と言う形で、監査法人が確認する形だと思うのですが、知る限りにおいて、日銀が金準備の存在について監査を受けたと等は聞いた事が有りませんし、歴代の日銀総裁が金塊を確認したとも聞いた事が無いからです。(笑)

これまで聞いたのは国内には保管されておらず、米国のフォートノックスと、英国の金庫に保有されているという事だけで、しかもフォートノックスでは外国の監査について70年は受けた事が無いとのことです。

こんなことを言うのも、フォートノックスにある金塊は持ち主の移動が有っても一度も金庫を出ることがなく、残高に変化があった場合は、台車に乗せて各国のエリアまでコロコロと金庫内を移動させるだけと聞いているからです。(笑)

これは預かっているGOLDを全量保管していると言う前提ですが、考えて見れば可笑しなことで、通常銀行家が資金を預かれば、一部を支払い準備に残し、後は運用に回すのが普通だからで、これはGOLDでも同じだろうと考えるからです。

しかも上記リンクにある様にフォートノックスに有るGOLDは、比重の似たタングステンを金無垢で包んだものだと言う噂をよく聞きますし、金庫全体を誰も見たことない以上、否定も存在の証明も出来ません。(笑)

そして、現在のドイツによるGOLD現物の返却要求や、各国中央銀行のGOLD買いは、上記を疑ぐられた米国の預かるGOLDに静かな「取り付け」が起きているようにも見えるのです。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です