必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

黒潮に乗れ

本日の日経株式欄のコラムのスクランブルは「退出する個人マネー」と銘打ち個人投資家の動きが低調であることを伝えています。

これを見て納得するのは平九郎だけではなさそうで、実際手元の保有株を見ても、酷い状態ですし、信用の評価損率も市場全体では15%程度のようですから、元気が出ないのも当然でしょう。

しかし、株を買うための待機資金と見られるマネーリザーブファンドの残高は11兆円あると言いますから、金が無い訳では無く、株を買うだけの自信が持てないと言うのが現実でしょう。

最も、メモにも何度も登場した「投資家とハゼは湧いて出る」と言う投資格言がある様に、毎年必ず新規参入する個人も出て来るわけで、実際身の回りにも出始めています。

従って悲観しすぎるものダメな訳で、こんな時は昔聞いた先輩の教え「黒潮に乗れ」を思い出します。

黒潮の様な、大きな潮流に乗れば、目先多少方向を間違えても、目的地まで運んでくれると言う意味で、株で言えば、成長性が確保され目先の高値を買っ下がって、時間がたてばまた利益成長で株価が戻る株です。

相場の方向を見失った時は、まず黒潮を見定めることが大事ですね。(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です