必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

消費税決まり?

経済財政の基本方針(骨太の方針)の素案に「消費税10月10%を予定している」と明記されましたが、それでも「予定している。」と書くようでは「予定は未定」と言いそうな危うさを含む表現です。(笑)

しかしまあ、現時点では安倍首相も消費税引き上げの腹が固まったと見るべきでしょうし、これを海外投資家がどのように評価するかが、気になるところです。

さて米国と中国の貿易戦争の行方は混沌としており、結果を予想して当たる保証など有りませんし、第一予想などだれも本心から信じないでしょう。(笑)

しかし言えることは中国を中心に生産していたファーストリテイリング(ユニクロ)のようなグローバル企業は、今後は生産地の分散・変更などが急がれるという事です。

これは今回の様な貿易戦争が勃発しなくても、中国は経済成長に合わせて人件費が急騰していることで、今後コストの安い生産を継続するには、人件費の安い中国内陸部に生産拠点を移すか、アセアン等の別の国に移すしかないからです。

そして、中国内陸部に生産拠点を移すと言う選択肢は、米中の争いが覇権を巡るものであるという認識が固まった現在、完全に消えたでしょう。

従って、残るはインドやアフリカか、東南アジア諸国となりますが、地理的に見て日本の選択肢は東南アジア一択に成りそうで、中でもベトナムの比重が高くなると思って居ます。

理由はあらゆる方面から見て、ベトナムに優位性があると思うからですが、書くと長くなるので又にします。(笑)

ただ平九郎は昔から、何れはベトナムの会社か、関連銘柄を買いたいと考えていたので、これから銘柄研究を始める積りです。(^○^)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です