必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

保守的?

パウエルFRB議長が利下げを示唆した事や、中国商務省の「通商問題は協議で解消すべき」との発言で米・中貿易摩擦懸念が後退し、天安門事件記念日も過ぎた事からNY株は512ドル高と戻り、今日の東京も大きく上がりそうです。(^○^)

然しながら、米利下げは円高要因と有って、円高懸念は残ることから、戻りの持続性には疑問も残るところで、此の反発を投資家がどう利用するかが問題になりそうです。

まあこれまでブラックマンデーや、リーマンショック等色々な暴落を経験してきましたが、今回の暴落も時間がたてばその内の一部に成る訳で、ここはあまり無理をせず、投資家として生き残る事を最優先に考えています。

現実の行動としては、この戻りで保有株を部分的に減らし、GOLDの比率を高める積りで、もし今後米株の大暴落があっても、それを喜べるようなファンドに仕上げる積りです。

何と言っても人間守るものが増えると、投資法も保守的になるものなのです。(笑)(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です